2010年9月30日木曜日

モノ作りの行き着く所

昨日、先日書いた世界に通用する友達で、ディズニーランドのCMを手がける小島さんと店でイ色んな話をした。






小島さんとは、誰ともできない深い深い、さらに奥深い話ができるので毎回楽しい。






昨日も数々の話をして楽しかったのだが、その中でも『モノ作り』についての話が楽しかった。





お互い形は違うけど、作り上げていくという仕事をしているので、共通点は多い。






ただのモノ作りの話とはひと味もふた味も違う話である。




モノ作りの話は、今回が初めてではない。







過去に、何度もモノ作りについて色んな話を聞かせてくれるのだが、何が違うって切り口や、捉え方が普通の人とは大きくかけ離れていてとても楽しく興味深く話がすすむ。




ここで、その全てを書くには数時間かかってしまうので簡単に書くとこうだろうか、、、






自分たちが、モノ作りをした時、それを見たり手にした人達が感動したり、喜んだり、くつろいだり、安心したりして、自分を離れた所でその効果が何かしら現れる、、、






その“人に感動や喜び”を自分たちのモノ作りしたものがキッカケとなる、、、






そして、それがいつの日か、自分が落ち込んだりした時に、自分を引き上げてくれる要素のひとつになっている、、、







と、簡単に要約すればこんな感じだ。






何ぶん言葉足らずで申し訳ないが大まかに書けば、こんなニュアンスだ。






気付けば、夜も10時になっていた程時間はあっという間で、相対性理論が理解できた感じすらしてしまう。






楽しい時は、時間が経っても、それがあっという間だ。







それにしても俺は、多くの凄い人達に囲まれている事に改めて気付き、神様に感謝した。






ただひとつを除いて、、、






なぜ神様は、、、







































おっぱいパブに行く勇気を、俺に授けてくれないのかだけが納得いっていないのだ。







神様へ、、、





おっぱいパブってどんな所なんですか?、、、僕、知りたいです。





この想い、いつ届くのかな。





慈悲深きあなた、クリックひとつで僕の落ち込みをひとつ救えます。↓



2010年9月27日月曜日

訂正

昨日書いたブログ、、、




エグザエル、、、




エグザイルじゃない?





と、突っ込まれました、、、





それくらい、エグザエルに関心が無い、、、





あ、また間違えた。エグザイルね。





エグザイル、エグザイル、エグザイル、エグザイル、エグザイル、エグザイル、、、





じゃあ、エグザイルの人数は?





、、、、、、、、、7、8人?





世界に通用する友達。



ROBIN&CANDyの店にある、このソファー、、、




「非売品です」と断り続けていたこのソファーが、、、








先日、CM撮影に使用されました。











彼は、あのディズニーのコマーシャルをも手がける友達。






俺の友達で一番、世界で勝負できる器と実力を持っている。






丸一日現場で見学して、とても勉強に成る事の連続で楽しかったです。





石田純一さんは、テレビで見るそのままのとても良い人でした。





CMが始まるのが楽しみ♡



2010年9月26日日曜日

なんちゃってエグザエルたちで溢れかえる町

今日、材料を買いに行く時、豊田スタジアムを通った。





すると、たくさんの人、人、人。





エグザエルの追加コンサートがあるようだ。





そんな人を見ていると、男のファッションがとても気になる、、、






みんな、我こそがエグザエルファッションだ!と言っているような、なんちゃってエグザエルたちばかり。






それを個性と勘違いしている、、、。






考えてみて欲しい。





もし、自分の彼女がモーニング娘。や、AKB48の格好をして居たら?






そういう事にまったく気づいていないのだろうか、、、。






そして、そのままエグザエルのコンサートにその格好をして行ってしまうその根性は凄い。





客観視ができないと滑稽に写っている自分に気づかないのだろうか?






すると、この話を立証する事が2件、立て続けに起きた。





店に戻ると、うちの店にエグザエルのコンサートに行くという女の人が来た。





そして田中が、この女性たちにこう聞いた、、、






「ねぇ、男の人がエグザエルと同じ格好してるの見てどう思う?」





すると、その子達はこう言った。






「引くよね〜。やだ。勘違いしてる、って感じ。」






、、、これが世間の女子の声なのだ。






そして、その後も女性客が来たので、田中が同じ質問をした。






「男子のエグザエルファッションって、どうなんですか?」






「なに成りきってるの?って感じだよね。彼には絶対にさせないよ私。」







だって。






気をつけましょう男子諸君。






もっと世間に振り回されず、誰かのマネではなく自分のスタイルを持ちましょう。






でなきゃ、女の子にモテませんよ。





そりゃそうだよね、、、だって、






「俺、自分を持ってないんだ。」







って言ってるのと同じなんだもん。






モテたいって言ってるようなもんだから、空回りして格好悪い、になっちゃうよ。






個性の意味を理解してみてね♡






個性とはマネする事と一番遠い所にあるはずだから。






賛成という人は、クリックする事で次のエグザエルメンバー募集オーディションの第二次審査まで免除されます↓





が、しかし、3時審査では確実に落とされますが、、、

2010年9月25日土曜日

容疑2

地元中学の裏の民家に学生服を着た強盗が押し入ってから3日程たったある日。





後輩の一人が別件で警察に捕まったので、派出所に様子を見に行った、、、





すると、なぜだか警察官たちがザワつき始めた。





一人の一番年配の警察官が信じられない一言を言ったのだった、、、





「おい、足立。お前何か俺に言わなきゃいけない事があるだろ?」





俺は、何の事かまったく分からないので、






「何を?」





すると、年配の警察官は意味ありげな感じを臭わせながらこう言った。






「何もないんだな?、、、そうか、今のうちだぞ。どんどん罪が重くなるぞ。知らんぞお前、、、」





俺は、何の事か意味が分からず考えていたがまったく分からず頭の中にクエスチョンマークがずっと点滅していた。





俺は、後輩と一緒に派出所を出て家に帰った。





帰宅してからも年配警官に言われた言葉がずっと頭の中で渦巻いていた。





が、突然意味が分かった、、、






『そうか!この前の強盗事件の事を言っているんだ!!』






俺は、それを理解した瞬間に沸々と怒りが込み上げて来たので、夜の10時半過ぎだったが、すぐに家を出て一人派出所に向かった。





途中、公衆電話でその事を一人の友達に伝えた。







派出所に着くと年配の警官は、見回りに行って留守だという。







戻って来ると言うので俺は椅子に座って待っていると、すぐに戻って来た、、、






俺を見ると、少々驚いた様子だった。






俺は、すかさず言った。






「俺が強盗犯だと思ってるんだろ?、、、証拠は?証拠出してみろ!!」







教護院から出てきたばかりでハクが付いたと思って勘違いする俺。







「おぉ、威勢がいいなぁ〜足立。お前、教護院から出て調子に乗ってるんじゃないぞ。」






「うるせ〜んだよ!!お前には関係ねぇだろ。」






すると、俺の怒りを鎮めようと若い警官が割って入った。







「口の聞き方に気をつけて。」







「うるっせーな、お前は関係ねーだろ。黙ってろ!!」






すると年配警官が言った。






「強盗はお前じゃない、って言うんだな?」






「違うわ!」
と俺。






「、、、そうか。実はなぁ、お前がマークされてる。、、、本当に違うな?」
と年配デカ。






「もしそうなら、来る訳ない。さっきココで言われた時、意味も分からなかったし。」
と俺。






「そうだよな。俺も今日のお前を見て違うな、と思ったんだよな。悪かったな。」







と、あっさり引いたので、正直俺はホッとしたのだった。






正直、俺はそのまま捕まって大事になって、警察署に連行されると思っていたのだ。






「足立は、犯人が誰か知ってるのか?」






と、聞かれたので






「知らない。他の中学の奴らじゃないかと思ってる。」






と、俺が思っている事を言った。






それから若い警官も交え、その事について話込んだ、、、







結果、その年配の警官と若い警官と仲良くなった。





年配の警官は、お互い知っていたが話す事はその日までなかった。






「こんな時間まで悪かったなぁ、お前時間は大丈夫なのか?親は心配しないか?」






「今まで家出を繰り返してるから、こんな事くらいで心配しないから大丈夫。」






「そうか、それなら良いんだけどな、、、。それから、お前が犯人じゃないって事は、明日俺が責任を持って署に伝えておくから容疑は晴れるからな。」






と、容疑が完全に晴れたのだった。






その日、気になって派出所に乗り込んで良かったとつくづく思った。






結局、その日は若い警官が家までパトカーで送ってくれたのだった。






余談だが、その若い警官と仲良くなり過ぎて、その事が問題になり大変な事に成ってしまったが、その話はまた今度書こうと思う。






強盗犯は、その後結局見つからず時効を迎えたのだったが意外な結末が待っていたのだ。






その後、20年以上が経過した頃、その時の犯人の二人が誰だか判明した、、、






その二人と言うのは、俺たちの仲間だったのだ。






あの日、その二人は学校に来ていなくて疑われる事無くやり過ごしていた。






その後、自分たちが犯人だったと白状したのだ。






面白い裏話があった。






包丁を突きつけられた、と犯人が言っていたがそれはウソだと言っていた。






誰も居ないと思って鍵のかかってない家に侵入したら、おばさんに見つかったので逃げ出しただけだと言っていた。






ま、そいつらのやりそうな事だが、実は先日岩屋堂に行った時、その時の主犯に偶然会った。






もう、白髪頭になっていた。






俺は、ある意味白髪頭だ、、、






俺、大丈夫かな、、、。



2010年9月24日金曜日

容疑1

なぜ俺は疑われたのか?





中学3年の1学期、俺は教護院から地元中学に戻ると、中学校の裏である刑事事件が起きた、、、





二人の中学生が、民家に強盗に包丁を突きつけ、






「金を出せ!」と強盗に入ったのだった。





すぐにパトカーが何台も来て、物々しい雰囲気に包まれた。





そして、2時間目の授業中の事だった、、、






二人の刑事と、目撃者が教室に突然現れて授業は中断した。






髪の毛が茶髪で、改造学生服を着たワルと呼ばれる生徒達が全員廊下に並ばされたのだ。





すると、ひとりひとりの前に刑事と目撃者が立ち、人相確認と、、、






なんと、、、






匂いを嗅ぎ始めたのだった。






それは、なぜか?






犯人は香水を付けていたという事で、香水の匂いチェックだと言う。






結局、目撃者は首を傾げて悩んでいたが、隣の教室へと連れられて行ったのだが、、、






その後、なんと俺に容疑がかかっているという事を、とある所で聞くことになったのだった、、、





続く。


2010年9月23日木曜日

テロのターゲットにされたのか?

何かが違う、何かが、、、






二日前の出来事。






倉庫に用事があり、倉庫に寄ったその帰り道での事だった。







俺はその日、オートバイで行動していた。







倉庫での用事を済ませると、オートバイに乗って倉庫を出た。






しかし、、、






何かが違うのだ何かが、、、。







『何が違うのだろう?』






と、考えてみるとすぐに答えが分かった。







“音”が違うのだ音が、、、







明らかにオートバイの音が違うではないか!








『なんだこれは!?何だこの音は!?』







俺は、オートバイを走らせながら必死で考えていた、、、








『この音は、いつもよりも大きい音で、マフラーからも音が漏れている、、、。







さっき倉庫に到着するまでは普段と変わらない排気音だったのになぜだ?、、、







まてよ、、、まさか!!







俺が倉庫に居る間に、誰かがマフラーを盗もうとしてマフラーを外そうとした所で、俺が倉庫から出て来たから途中でやめて逃げて行ったのだろうか、、、







それとも、、、テロか?バリ島でテロが2度あったが、俺がバリ島家具ロビンをしているという情報が、ビンラディンに情報通がタレ込み、、、








「ナニ!?テロダ!テロヲ、シカケロ!マフラーヲハズシテ、バクオンニシテ、キンジョメイワクニシテ、フクロダタキニアウヨウニ、シムケナサイ!!」







、、、これかもしれない、、、これが今の所一番有力で、一番斬新だ。








俺ってどこまでも見抜く力を持っているんだなやっぱり、、、ハッハッハッハ、、、、ハッハッハッハッ、、、』








と、ちょうどその時だ、、、







中央分離帯で仕切られた道路の、対向車線側からパトカーが走って来るのが見えた、、、








すると、俺とすれ違う10メートル程手前の所でそのパトカーが、、、







サイレンを一回だけ鳴らし、スピーカーでこう言った、、、








「ヘルメットかぶりなさい、ヘルメット」








そう言って、すれ違ったパトカー。








『ん?、、、誰に言ってるんだ??』








と、一瞬考えた、、、、、、、、、、














































俺だ!!、、、俺、ヘルメットかぶってない!!あ”ぁぁぁぁ〜〜!!!!!!!!!








だから、、、音がうるさく感じてたんだ、、、。






エヘヘ♡





40歳でノーヘル。






慌てて倉庫にヘルメット取りに戻ったよ。






この当時の癖が抜けてなかったのね。エヘヘ♡可愛いお子さんだね。エヘヘ♡





最近、エヘヘの連発だね、と田中に釘を刺されたばかりですが、、、






エヘヘ♡

2010年9月21日火曜日

雪山登山

目標と目的の違い。




目標は、目指す方向の事を言っている。




目的とは、簡単に言えば、その目標に意味を持ったものである。




目的とは、目標と意味が合わさったもの。





分かりやすい例えは、この話が有名で一番いいだろう、、、。




中世のある町で三人の男がレンガを積んでいた。




そこを通りかかった人が、三人に尋ねた。





「何をしているの?」





すると、三人は違う返事をそれぞれした。





一人目の男は、




「レンガを積んでいるんだ。」





二人目の男は、





「食う為に、働いているんだ。」





そして、三人目の男は





「後世に残る大聖堂を造っているんだ。」




この時の男達の心のあり方が物語る。




三人の男にとって、レンガを積む事は目標で、これは全員共通している。




期間内に、レンガを積み終わらなければいけないのはみんな同じで、そこに向けてレンガを積んでいる。





しかし、目的は三人ともバラバラである。




一人目の男には目的が無い。




二人目の男の目的は、食べるため。





三人目の男の目的は、歴史の一部に自分が関わりを持ち、世の役に立つ事。





目標は、他人に与えられる事もありえるが、その目標の意味(目的)は各個人が見出すものである。





目的は、他人からは与えられないものだ。





俺の物心ついた頃からの口癖は母親に言わせると





「なんで?」





だったらしい。





“何で、これをするのか?”に、とてもこだわる。




必ず自分の納得できる“なんで”が無ければ行動しない。



目的は何?




これが無ければモチベーションもすぐに落ちてしまう。




俺のプロジェクト、、、








































おっぱいパブに行く事。





なぜなら、、、






















そこに、おっぱいがあるから。




そこに山があるから、、、という名言と同じだ。

、、、、カッコイイ。





誰かその山、登らせて♡




エベレストみたいな巨大な山じゃなくていいからさ。


DカップかEカップで雪山を連想したいから色白の20歳代の女性お待ちしています。


エヘヘ♡



入山許可を発行してくれる方コチラまで↓

断言する。

おっぱいの事を、考えない日ってあるのだろうか、、、?























、、、、、、、ない。




エヘヘ♡


手抜きなのにクリックしてくれるの?




2010年9月19日日曜日

成長スピード

スタートラインは誰もが一緒。







それなのに、成長のスピードが違うのはなぜ?







経験の数だろうか?







いいや、違う。








どれだけ経験をしたとしても、それだけでは決して成長はしない。








人は、経験だけすればいいってもんじゃない。







その経験から、何を感じ、考え、気付く事ができるか。








そして、それを自分なりの意見や持論としてひとつひとつ蓄積していく事が出来るかどうかで成長のスピードは大きく違ってくる。








それだけではなく、人は他人がした経験を自分のものに出来る能力も携えている。








経験をした人に聞き、自分が経験したように感じ、考え、問う事も出来る。








人に聞いた事を自分の経験として脳にインプットできる能力もあるのだ。








それも利用しない手は無い。








カーナビで、知らない土地に行くようなものだ。









すでに知っている人の話はしっかりと聞き、それを地図にしながら歩くという選択肢もできるのが人間なのだ。








経験の数だけで、人間的に大きな器の持ち主とは限らない。








大切な事は、日頃どんな経験でも、そこから何かに気付き、感じ、考えてみる事だ。








そこから何を学ぶのか。








常にそれを繰り返していくと、自ずと成長のスピードが上がるのだ。









ただ、、、
























おっぱいの形や柔らかさ、感度などは、、、







実際にこの手で触れてみないと、人から聞いただけでは自分の経験としてインプットする事ができないのです、、、。








だから、俺の経験の手助けとしておっぱい提供者を今だけ募集しています。








期限は、2020年12月31日までです。


お急ぎ下さい!!




エヘヘ♡



2010年9月18日土曜日

優越感と自信の違い

優越感とは劣等感を基準にしている人が持つものである。









野球が下手なくせに、下手だという事を受け入れられずレギュラーになりたいと思う人の事を、劣等感がある人という。









この劣等感を持つ人が優越感をもってしまう。









優越感と自信の違い、それは優越感は劣等感を基準にして発動するのに対し、自信は劣等感とはまったく違う性質をもっている。









自信とは、ありのままの自分を受け入れる事ができる人間である。









自分が生きてきた証を持っている。







辛さや苦痛を味わい悩み絶望をして、眠る事ができない夜を何日も彷徨い、それを受け入れ克服してきた人だ。








自分に自信が無いという事も認め、受け入れ、自信を付けるために努力を継続し続けてきた人間の事だ。







そういう自信のある誇りに満ちた人はとても魅力的である。








また、そういう経験をした人というのは、同じ努力をして来た人を瞬時に嗅ぎ分ける事ができる。








自分が美人でもないのに、それを認められず受け入れられず、厚化粧や整形をして美人ぶる女は、劣等感の強い女である。








そういう女が、自分よりも美人でない女を見つけた途端、その女に対してもの凄い優越感を持つのだ。








思い当たる人は多いのではないだろうか。








ありのままの自分の姿を受け入れ、その上で自分を磨いた女性こそが魅力的になっていくのである。








内面に大きく関係している。









外見だけで魅力的に映る事に成功しても、それは見た瞬間だけだ。








話をしたり、接すればそのメッキは一瞬で剥がれ落ちる。








メッキは外側だけの見せかけだが、本物のダイヤモンドは原石こそ醜く汚いが、磨けば磨くだけ内面から輝きを放つものである。






























、、、あなたのそのおっぱい、偽物じゃないでしょうね?









シリコンを入れているような女こそが、自分より小さなおっぱいの女を見ると、ハナモチならない優越感に浸る可哀想な女なのです。









「私、シリコンなんて入れてないよ!」









という自信のある女性、、、ご来店お待ちしております♡









本当なのかどうか、確かめます♡









あ、Dカップ以上の女性に限らせて頂きます。








来ない女性は、シリコンを入れているから来れないんだな、と判断します。

へへへ、、、これで揉み放題だ。







、、、握力大丈夫かな、、、エヘヘ♡


来れない人は、全員クリックしておいて下さい。それであなたの容疑は晴れます。




2010年9月17日金曜日

長生きは、幸せかどうか。

サーツーという遺伝子がある。




誰もが持つ遺伝子。




細胞の老化を遅らせる遺伝子らしい。




カロリーを抑える事で、このサーツーが働き老化を遅らせるというのだ。




研究結果で、分かった事。それは、




“1日1300キロカロリーに抑えると確実に長生きする。”





という事。





でも、ここで疑問が過った、、、





長く生きる事、、、それは悲しみを多く味わう事でもある。




喜びも楽しみも多く味わう事も事実だろうが考えてみると、楽しい事や喜びよりも深く心に刻まれる事、、、




それは、身近な人の死ではないだろうか、、、





長生きする、という事は確実に周りの身近な人だけではなく、友達や知り合いが自分よりも先に死んでしまう、という事でもある。




こんな苦痛を多く味わってしまうのに、長生きしたいと軽々しく言えるだろうか、、、




親友一人と、幼なじみ一人の死を味わいその時の苦痛と闇を知っている。





他の友達や知り合いの死も同様、その時の苦痛は今でも強く心に刻まれている。





長生きするという事は、そういう事も含めて受け入れられる覚悟をした人なのかもしれない、、、




皮肉な事だ。





細く長く生きるより、太く短く人生を送りたい、とひたすら思っていた時期が懐かしい。





さぁ、俺。今はどう生き、どう逝きたいと思っているんだ?




今一度自問してみようと思う。




ひとつだけ、ハッキリと言える事、、、




それは、、、







































死ぬまでに、おっぱいパブに行ってみたいな♡


エヘヘ♡




誰か、出張おっぱいパブシステムを個人的に採用してる子、居ませんか?

クリックしてみればいいじゃんか。↓左手の薬指でクリックすると幸せになると言われているこのボタン、クリックしないと、、、明日の夜中の3時頃にあなたの左手薬指が、関節とは逆に曲がる現象が現れますよ、、、、ま、寝てると気付かないようですが、何か?


2010年9月16日木曜日

うら若きそこのレディー

今日は、昨日完成した鹿の頭を店の壁に取り付けた。




とっても良い感じになって満足。




閉店後、ビルの電気も消えたところを見計らって写真を撮った。




ある程度暗い方が、陰が出来てスワロフスキーもハッキリする。





いいねいいね。




『コレ作った人におっぱいを触らせてあげたいなぁ〜』って思った、





うら若きDカップ以上のそこのレディー、、、





火曜日は定休日だけど、それ以外は7割方店に居ますので白いレースの下着を装着のうえ来て下さいね♡

2010年9月15日水曜日

仕方ない出来事

先日、ディズニーのコマーシャルをプロデュースから制作までこなす友達の小島さんに店の壁に鹿の絵を描いてもらっている最中に思いついた事がある。







それは、その絵のような立派な鹿のシンボルを創る事だった、、、






で、すぐに探して手に入れたのがコレだ↓






「ガオ〜!」







「ニャーゴ!」







生前、どういう鳴き声をあげていたかは分からないが、






蝦夷鹿(エゾジカ)の頭蓋骨付きのツノである。






立派でとても大きい。







頭蓋骨がひび割れていたので、しっかりと修正に丸1日。






それを、俺流に頭に浮かんでいたボンヤリしていて抽象的なイメージを具現化していった。






まずは、スワロフスキーをツノに付けていったが、これが大変で5時間かかった、、、。






先端部だけにして、グラデーションをかけて終了。






ここからが、神経と精神が一体にしなければ右脳からのイメージ情報が折り曲がって左脳に伝わって来てしまうので、まずは精神を創造用の意識に調整するのに約2時間かかった。






降りてきた、降りて来た、、、一度降り始めて、それをイメージ映像で捉える事ができれば、そのまま直視して鮮明にするために焼き付ける。






しかし、一度言語で考えたり活字が左脳発信されると、すぐに消えてしまうのでそこが毎回注意が必要だ。





でも、昨日は違った。





誰も居ない所でずっと1人で創っていたので終止ほぼスムーズに運んだ。






色や配置などは創りながら目の前にある物自体を見ながら、イメージとの調整をしていく。






もちろん細部の形や全体のバランスを常に取りながらすすめていく。これが、結構時間がかかる。






立体的になるように骨に直接当てながら革をひとつひとつフリーハンドで切っていく。







縁取りには、ダークブラウン系に着色して革を貼付けた。微妙な色の違いで全体のバランスが崩れるのでこだわりは絶対に貫く。







レイアウトがほぼ終了した所で、キャンディーの得意技のひとつである、スワロフスキー社製の本物のスワロフスキーをケチらないように、配置していった。







仮面舞踏会に招かれたセレブリティーな蝦夷シカ、というイメージで創っていった。






イメージで浮かんでいたものを例えると、こう名付けるとシックリきたからこのコンセプト発進していった。







全体のバランスが命なので、最後まで気を抜けない。中央にバランスを見ながらスワロフスキーとスタッズを一粒一粒配置していく。






ここまで出来たところで、頭蓋骨にフィットするように最終工程で、、、








頭蓋骨にフィットさせた。







今日、これを店の壁に取り付ける。







これで、小島さんに描いてもらった絵が、より生きてくる。






モノ作りが好きで本当に良かった。






独自の表現ができる幸せはこの上なく達成感がある。






3名のお客様からから頂いている特注品の財布が、すべて完成してからこの作業に取りかかりましたので織田様、伊藤様、阿部様、ご安心下さい笑。






あ、特注携帯ケースの制作は、今日これを壁に取り付けてから開始しますのでご了承下さいませ。





鹿に気を取られていたので“シカタないな”、、、とご了承下さい。







鹿だけに、、、仕方ない、、、プププ。






エヘヘ♡






クリックまでしてくれるの?




エヘヘ、、、好き♡